沿革

昭和27年 行田市本町通りに屋号「福茶屋」開店
創業者 横田信三が「十万石まんじゅう」を主力商品として和菓子の製造販売を開始
昭和28年 棟方志功先生との出会い、「まんじゅう姫」の絵を描いていただく
昭和30年 洋菓子部門に進出
昭和34年 熊谷市に支店第一号を出店
昭和35年 資本金400万円にて、株式会社十万石ふくさやを設立
代表取締役に横田信三が就任 屋号を「十万石」に改名
昭和38年 和菓子工場を増設
昭和43年 行田本店を現在地へ移転
昭和45年 資本金1,000万円に増資
昭和46年 営業本部、配送室、電算室棟を増設
昭和55年 テレビ埼玉にてCM放映開始(〜現在に至る)
「風が語りかけます。うまい、うますぎる。埼玉銘菓 十万石まんじゅう」
昭和57年 資本金2,000万円に増資
平成6年 資本金4,000万円に増資
平成11年 代表取締役に横田康介が就任
平成19年 行田本店店舗の建物が国の登録有形文化財に登録される
平成23年 東日本大震災の被災により行田本店の大修復を行う
外観の白壁を復原 平成24年2月、修復が完了
平成29年 行田市を舞台にした大ヒットドラマ TBS日曜劇場『陸王』とのコラボレーションが実現
『陸王』焼印入り十万石まんじゅうを販売
平成30年 「十万石まんじゅう」が日本ギフト大賞2018 埼玉賞を受賞
平成31年 大ヒット映画『翔んで埼玉』とのコラボレーション、『翔んで埼玉』焼印入り十万石まんじゅうを販売
令和元年 サッカーJ1『浦和レッズ』とのコラボレーション、「浦和」「レッズ」そしてマスコットの「レディア」焼印入り十万石まんじゅうを販売開始
令和2年 プロ野球『埼玉西武ライオンズ』とのコラボレーション、「L」「I」「O」「N」「S」焼印入り十万石まんじゅうを販売開始